嶋は1000万減の1億円でサイン。プロ入り後最少の80試合出場にとどまり、チームも3季連続のBクラスに沈んだ。「自分にとってもチームにとっても悔しいシーズン」と振り返った。

 5月中旬にファウルを左手に受け、骨折。復帰まで約2カ月を要した。「僕がいい成績を残せばチームも上にいける。もう一度鍛え直したい」と、打率2割7分1厘、17打点、2本塁打だった今季からのレベルアップを誓う。

 来季はソフトバンクからベテランの細川が加わる。「正捕手は譲れない」とライバル心を見せつつ、「いろいろ聞いて今後の野球人生のプラスにしたい」と貪欲な姿勢も示した。

...    
<記事全文を読む>