プロ野球北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼外野手と高梨裕稔投手が22日、応援大使を務める苫小牧市を訪れた。市立苫小牧東小では児童とキャッチボールなどで交流。市文化会館(旭町2)で行われたトークショーでは、フリーエージェント(FA)宣言した陽選手が「この11年間頑張れたのはファンの皆さんのおかげ」と思いを語った。

 トークショーにはファン約500人が詰めかけ、会場を埋めた。陽選手はFA宣言したことに触れ、「まだ成長できると思うので、もう一度レギュラーをとる気持ちでやりたい」とあらためて表明。高梨選手は「(移籍後の陽選手と)対戦したい」と話すと、会場から「おー」と歓声があがった。

 苫小牧東小...    
<記事全文を読む>