【幕別】町の「応援大使」を務めるプロ野球北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手と市川友也捕手のトークショーが21日、幕別町百年記念ホールで開かれた。両選手は10年ぶり3度目の日本一に輝いた日本シリーズでの熱戦について振り返り、町民ら約770人が聞き入った。また町内の観光施設や小学校なども訪問し、町民との交流を深めた。

 トークショーは司会者と会場からの質問に答える形で行われた。大谷投手は日本シリーズ第1戦で先発した時の心境について「日本シリーズは初めてで、敵地だったので緊張した」と話した。市川捕手は、敵地での2連敗後に札幌ドームで連勝したことについて「声援の大切さを改めて知った」とファ...    
<記事全文を読む>