阪神からドラフト2位指名を受けた富士大の小野泰己投手(22)=184センチ、75キロ、右投げ右打ち=が20日、盛岡市のホテルで入団交渉し、契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した。

 小野は記者会見で「やっとプロになる実感が持てた。まずは1軍で1勝を挙げたい」と来季の抱負を述べた。将来の目標については「2桁勝利し、エースと呼ばれる投手になりたい」と意気込んだ。

 対戦したい打者には、投打で活躍する日本ハムの大谷を挙げた。「同学年であり、岩手で育ったという共通点もある。プロで活躍しているバッターなので抑えてみたい」と語った。

 葛西稔担当スカウト(弘前市出身)は「タイプ的には先発。まず...    
<記事全文を読む>