千葉ロッテがドラフト3位指名した東海大市原望洋高の島孝明投手(18)=180センチ、82キロ、右投げ右打ち=が20日、千葉市内のホテルで入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸600万円で合意した。佐倉市出身で「千葉の星になる」と色紙にしたため、決意を新たにした。

 プロの夢を引き寄せた最大の武器は、最速153キロの直球。「春に153キロを投げてチャンスがあるのではと少しずつ意識した」と振り返り「ストレートを中心に打者を抑えていきたい」と宣言した。高校では抑えが多かったが「任されたところをこなしたい」と言葉に力を込めた。

 一方でプロに進むに当たり、新たな球種で幅を広げようともしている。持...    
<記事全文を読む>