プロ野球で10年ぶりに日本一に輝いた日本ハムが20日、札幌市の中心部でパ・リーグを制覇した2012年以来となる優勝パレードを行った。栗山英樹監督、大谷翔平選手らがオープンカーやバスに分乗して北3条広場前からススキノ交差点手前までの約1キロを30分ほどかけて行進した。実行委員会によると沿道には約13万8千人が集まった。

 曇り空で寒風が吹く中、駆け付けた多くのファンや市民から歓声が上がった。大谷選手は4年目で初めてのパレードを終えて「すごかった。想像していたよりも多かった。面白かったです」と笑顔だった。

...    
<記事全文を読む>