東北楽天は19日、仙台市の球団事務所で松井稼頭央外野手ら5選手と来季契約を結んだ。

 東北楽天6季目で初めて定位置を失った松井稼は野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える9000万円減の7000万円でサイン。「結果が出ず、控えに回る難しさもあったが、いい勉強をした1年だった」と振り返るとともに、来季に向けて「一日一日が勝負と思って頑張りたい」と決意を述べた。

 前半戦に勝ちパターンの救援投手として実力を発揮しきれなかった青山浩二も3000万円の大幅減となる6000万円で合意。「年俸が下がった原因は自分にある。来季は自己ベストの数字を記録するつもりで頑張る」と語った。

 2季ぶりに支配下...    
<記事全文を読む>