プロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから五位指名された東邦高校の藤嶋健人投手(18)が十九日、名古屋市内で入団交渉に臨み、契約金三千万円、年俸五百四十万円で仮契約した。直球に力のある投手として期待がかかり、「野球でお金をもらうことになる。行動に責任を持ち、活躍できるようにレベルアップしたい」と意欲を語った。

 高校では気迫を前面に出すスタイルで、甲子園に三度出場した。中日投手陣が秋季キャンプで走り込みを重ねて体力向上を図っていると報道で知り「今まで以上にやらなければついていけない」。体力づくりや投球フォームの修正に重点的に取り組んでいるという。

 来年は四月二十五日に地元の豊橋市で中日の公...    
<記事全文を読む>