リーグトップの118盗塁を決めた広島は、今キャンプでさらなる機動力アップに取り組む。「(来季は)もっとマークがきつくなるが仕掛けていかないといけない」と河田外野守備・走塁コーチ。今季6割9分4厘の盗塁成功率を、7割5分まで上げることを目標に掲げる。

...    
<記事全文を読む>