【東京支社】神戸市のネスレ日本は19日、埼玉県所沢市の西武プリンスドームで、草野球の第2回「キット、ずっと杯(かっぷ)」決勝大会を開いた。県勢は宮古市の三陸鉄道キットDreams(ドリームズ)が出場し、熊本代表チームなどと対戦。台風10号豪雨で被災した宮古、久慈両市の2チームの子どもたちが招待され、復興への絆を強めた。

 開会式典には三陸鉄道の中村一郎社長や、三鉄チームのゼネラルマネジャーで米大リーグマリナーズの岩隈久志投手らが出席。中村尚道主将(38)が「野球や地域貢献活動を通じて全国に三陸地域の元気を発信したい」とあいさつした。

 今大会は6チームが出場。試合に先立ち、両市の子ども約4...    
<記事全文を読む>