東北楽天は、岸の「古里に戻ってプレーしたい」との意向をいち早く察知し、最大限の条件提示とともに、星野球団副会長の電話による度重なるラブコールが効いて最高の補強をした。

 通算103勝の実績は申し分なく、現在31歳と心技体とも脂が乗っている。投手陣は近年、大黒柱・則本への依存度が強かったが、岸との両輪でけん引役が期待できる。初の日本一に輝いた2013年以来の上位へとチームを導きそうだ。

 安定した先発陣は上位進出に不可欠だ。初のクライマックスシリーズに進出した09年は15勝の田中(ヤンキース)と、ともに13勝の岩隈(マリナーズ)永井(東北楽天ジュニアコーチ)の3本柱。日本一の13年は田中が2...    
<記事全文を読む>