東北楽天は17日、1日からマスカットスタジアムで行っていた秋季キャンプの全日程を終えた。

 最終日は午前中から約6時間、選手たちがフリー打撃や守備強化のノックに汗を流した。

 終了後には梨田昌孝監督や選手らがグラウンドで輪になり、一本締めをした。音頭を取った島内宏明は「キャンプに参加した中から1軍で活躍する選手が出ればいい。来季は優勝し、監督を胴上げしましょう」と呼び掛けた。

 梨田監督は「選手個々で良しあしはあると思うが、実戦を多く取り入れて充実した練習ができた」と総括した。

...    
<記事全文を読む>