秋季キャンプの参加選手で最年長31歳の伊志嶺忠が、16日の紅白戦で適時打を放ち、健在ぶりをアピールした。本職は捕手だが「来季はとにかく試合に出たい」。出場機会を求め、ポジションにもこだわらない構えだ。

 紅白戦は紅組の5番左翼で出場。五回1死二塁で一、二塁間をゴロでしぶとく破り、二走島内宏明を生還させた。守備では一塁にも就き、制球に苦しむ若手投手に声を掛けるなど、捕手出身らしい気配りを見せた。

 今季は開幕1軍入りしたが、出場27試合で打率1割6分7厘、1打点。主に代打や終盤の守備要員で、捕手の先発出場はなかった。正捕手の嶋基宏が5月中旬に負傷で登録抹消された直後、自身も右太もも裏を痛めて...    
<記事全文を読む>