韓国選手のプロ入りへの機会を広げようと、高知ファイティングドッグス(FD)がこのほど、韓国で初のトライアウトを行った。高知FDは「高知から、韓国の若者をNPBに送り込むシステムを構築したい」としている。

 ソウルの人材育成会社「リクルート・ソリューションズ」の協力で実現。リクルート・ソリューションズによると、韓国では数年前、野球の独立球団が消滅。プロ入団テストも大学、高校の監督が推薦しないと受けられず、プロ球団でプレーしていても、兵役(約2年)のブランクで戻れない選手がいるという。

 そうした状況を変えようと、リクルート・ソリューションズが2016年5月、高知FD側に接触。両者は8月、継続...    
<記事全文を読む>