入野貴大が12日の紅白戦で好投し、首脳陣にアピールした。梨田昌孝監督が「球が強く、スライダーも良かった」と、この日登板した6投手の中で、一番目立った投手として名前を挙げた。

 白組先発として2回を投げて1安打無失点。オコエ瑠偉と三好匠から連続三振を奪った。与田剛投手コーチも「制球が課題だったが、投球フォームのバランスが良くなっている」と評価した。

 それでも、入野は満足しない。「まだまだ。フォークボールがいい時と悪い時の波が激しく、狙った所にいかない」と首を振る。

 今キャンプでフォークボールの制球を高めようと、投球練習で直球と交互に投げ、リリースポイントを安定させようと努力する。

 もともと...    
<記事全文を読む>