日本ハムは15日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で10選手と契約更改交渉を行った。

 3月に右肘を手術し、1軍での登板がなかった上沢直之投手(22)は野球協約の減額制限(1億円超は40%、同以下は25%)を超える58%ダウンの1千万円でサイン。上沢は「納得しているけど、きつい。でも、やり返すチャンスがなくなったわけではない。(来季は)結果を出すことを追求したい」と話した。

...    
<記事全文を読む>