再出発は北陸の地から―。今季限りで現役を引退した日本ハム・武田勝投手(38)が来季、独立リーグ・石川ミリオンスターズでコーチとフロント業務の“二刀流”を兼務することが15日、分かった。11年間所属したファイターズに来季以降も籍を置くことは変わらず、球団から派遣される形で野球人として新たな経験を積んでいく。

 9月30日の引退試合から1カ月半。その後は打撃投手などを務め、10年ぶりの日本一にサポート役として貢献した武田勝の第二の人生のスタート地点が内定した。

 「今後はファイターズに、ファンの皆さまに恩返しできるよう精進していきたい」と引退後も球団に残ることが決定していた武田勝。新ポストは、...    
<記事全文を読む>