プロ野球楽天の立花陽三社長が14日、秋田魁新報社を訪れ、来年5月16日に県内で開く日本ハム戦について、例年使用している秋田市のこまちスタジアム以外での開催を検討していることを明らかにした。候補として同市のさきがけ八橋球場と横手市のグリーンスタジアムよこてを挙げ「野球人気が高い秋田のファンに喜んでもらえるよう、さまざまな可能性を探りたい」と述べた。

 日本野球機構(NPB)事務局によると、来年県内で開かれるプロ野球の1軍公式戦は、現時点で楽天―日本ハムの1試合のみ。球場と試合時間は決まっていない。立花社長は「東北でのプロ野球1軍公式戦は赤字が多く、試合数が減少傾向にある。秋田でもプロの試合...    
<記事全文を読む>