広島の日南秋季キャンプで、3選手が内外野の複数ポジションに挑んでいる。外野が本職の下水流は一塁、内野の堂林と安部は外野で守備練習。ドラフトで捕手を除く野手の獲得はゼロだったため、首脳陣は野手の底上げ策に位置付ける。

...    
<記事全文を読む>