セ・リーグは10日、2017年シーズンの公式戦日程を発表し、今季25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島がマツダスタジアムに阪神を迎えるほか、巨人―中日(東京ドーム)、ヤクルト―DeNA(神宮)の3試合で3月31日にパ・リーグと同時開幕する。県内では6月27日に中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)でヤクルト―巨人のカードが組まれた。6月6日には同スタジアムで交流戦の楽天―DeNAの試合が行われる。

 来季の開幕権は15年の上位3チームが持っている。しかし、3位だった阪神は高校野球の選抜大会と日程が重なるために甲子園球場が使えず、京セラドーム大阪もオリックスが開幕戦を行うた...    
<記事全文を読む>