プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言選手として10日に公示された西武のエース、岸孝之投手(31)=東北学院大出=が、獲得に名乗りを上げている東北楽天に入る公算が大きくなった。関係者によると、岸は既に残留交渉を終えた西武と東北楽天との二者択一の状況で、地元仙台での野球生活に思いを強くしているという。

 東北楽天とは11日夕、東京都内のホテルで契約交渉を行う。西武は年俸2億2500万円の現状維持で最長4年の契約を提示したとみられ、東北楽天は同等以上の条件を準備しているもようだ。

 岸は宮城・名取北高から東北学院大を経て、大学生・社会人ドラフトの希望枠で2007年西武入り。通算成績は103勝...    
<記事全文を読む>