10月28~11月6日にメキシコで行われたU-23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)で優勝した日本代表のメンバー、東北楽天の安楽智大、三好匠、下妻貴寛が10日、倉敷での秋季キャンプに合流した。もう一人のメンバー吉持亮汰は右肩の検査のため不参加。3選手ともに国際舞台での経験を生かし、来季に向けての成長を誓った。

 代表チームの主将を務めた三好は「自分が引っ張っていくぐらいの気持ちでプレーした」と振り返る。大会では決勝戦で貴重な同点犠飛を放つなど、26打数8安打1本塁打6打点、打率3割8厘の成績で言葉通りチームをけん引した。

 「打撃では今季1軍で試合に出た経験が生きた。大会を通して守備の大...    
<記事全文を読む>