来年3月開催の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪還を目指す野球日本代表が10日から東京ドームでメキシコ、オランダとの強化試合に臨む。小久保監督は9日、記者会見で「WBC前の最後の強化試合。本番を見据え、勝つための試合をしたい」と抱負を述べた。

 10、11日にメキシコ、12、13日にオランダと対戦が組まれ、10日の初戦はソフトバンクの武田が先発する。

 日本代表は9日、東京ドームで練習を行い、投手陣は米大リーグの球場のような硬い土に変えられたマウンドの感触を確かめた。◆世界一奪還へ小久保流 世界一の奪還に向けた試金石だ。小久保監督が強調したのは来年3月のWBCを見...    
<記事全文を読む>