侍ジャパンは9日、東京ドームで強化試合へ向け全体練習を行った。きょう10日からはメキシコ、オランダとの強化試合4連戦を迎える。日本ハムから選出された中島卓也内野手(25)には、スーパーサブとして大きな期待がかかる。守備固めや代走など、勝負どころのワンプレーで白星に貢献することを誓った。

 いぶし銀の仕事場は、勝負の際だ。侍ジャパンでの役割を、中島は明確に理解している。「途中からなので、試合に入り遅れないようにしたい。全力プレーでやりたいです」。代走、守備固め、代打犠打など、プレッシャーのかかる場面で持ち味を発揮する。

 昨秋開催された世界野球プレミア12に続き、今季は日本シリーズを経験。大...    
<記事全文を読む>