プロ野球のドラフト会議で、広島から3位指名された中部院大の床田寛樹投手が8日、関市の同大で球団のスカウト陣から指名あいさつを受けた。床田は緊張した面持ちを見せながらも「存在感があって勝てる投手になりたい」と意気込みを口にした。

 川端順編成部長、松本有史東海地区担当スカウトが来訪。同大の原克隆監督らが同席し、仮契約日の設定や今後のスケジュールについてを伝えたという。

 報道陣の取材に応じた川端部長は、床田の左上から投げ下ろす、しなやかな投球フォームや最速148キロの速球に触れながら「ボールを持っている時間が長く、初速と終速があまり変わらない。体力を付ければ先発で2桁勝利もできる」と3位指名...    
<記事全文を読む>