中国電力エネルギア総合研究所は8日、25年ぶりにリーグ優勝して日本シリーズにも進出した広島東洋カープのことしの広島県内での経済効果は年間340億円になるとの試算を発表した。昨年より92億円増え、過去最高となった。優勝セールやパレードも金額を押し上げた。

...    
<記事全文を読む>