プロ野球ドラフト会議で阪神に1位指名された白鴎大の大山悠輔(おおやまゆうすけ)内野手(21)の仮契約交渉が7日、小山市の小山グランドホテルで行われ、入団が決定した。契約金は1億円プラス出来高払い5千万円、年俸は1500万円。背番号は未定。(金額は推定) 大山は茨城県下妻市出身。181センチ、85キロの強打の三塁手。交渉には阪神の佐野仙好(さののりよし)統括スカウト部長、永吉和也(ながよしかずや)スカウトディレクター、平塚克洋(ひらつかかつひろ)担当スカウトが出席。

 その後行われた記者会見で、大山は「不安な思いなどもあるが、『これからやっていかなくちゃいけない』という強い気持ちが生まれた...    
<記事全文を読む>