「とてもかっこいい色で、着てみたいと思っていた。うれしい」。東北楽天のユニホームに初めて袖を通した藤平尚真(18)=186センチ、84キロ、右投げ右打ち=は、緊張した表情の中に喜びをにじませた。

 球団が用意した背番号は「19」。大エースだった田中将大が背負っていた「18」の一つ上であり、野村克也元監督が2009年まで付けていた球団にとって特別な番号だ。「とても偉大な方の背番号を受け継いだ。プレッシャーはあるが、ふさわしい結果を残せるよう練習に臨みたい」と気を引き締める。

 150キロ超の直球を投げる右の本格派として、指名前から田中を目標にしてきた。プロでの実績はもちろん、「マウンドでの表...    
<記事全文を読む>