日本ハムの陽岱鋼外野手(29)は7日、札幌市内の球団事務所で記者会見を行い、今季取得した国内FA権を行使すると表明した。「ファイターズは若い選手中心のチーム。移籍することに決めた」と話した。

 会見前に球団と会談を行ったが、球団側は金銭面で引き留めることは難しいと判断したという。陽岱鋼は2006年に高校生ドラフト1巡目で福岡第一高から入団。13年には盗塁王を獲得。今季は130試合に出場し、打率2割9分3厘を記録し、主力としてパ・リーグ優勝と日本一に貢献した。

 この件に関し、東北楽天の安部井寛チーム統括本部長は「10日のFA宣言選手の公示まで(どういう選手が出てくるかを)見極め、検討したい...    
<記事全文を読む>