来年3月に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を控える野球日本代表が6日、東京ドームで10日から行われるメキシコ、オランダとの強化試合に備え、QVCマリンフィールドで練習を始めた。

 日本ハムの日本一に貢献した大谷翔平(花巻東高)、中田や代表初招集の鈴木(広島)らが、守備の連係プレーやフリー打撃などで汗を流した。強化試合はWBC公認球が使われる。小久保監督は「(プロ野球の統一球との)球の違いもある。その辺に慣れる期間にしたい」と話した。

 今回は打者に専念するにもかかわらず、大谷はまず投手組でキャッチボールを始めた。ベースカバーなど投手としてメニューを一通りこなすと、ようやく...    
<記事全文を読む>