巨人からトレードで加入した大田が6日、鎌ケ谷での秋季練習に合流した。開始前、シーズン中に移籍した大累ら、かつて巨人で一緒にプレーした面々に促され、コーチやナイン、スタッフにあいさつ。ウオーミングアップや練習行程など古巣との違いを確認しながら、約2時間の練習を消化した。

 大田は「巨人より時間的には短くなる。質を高めてやらないといけないと思いました」と緊張もあった移籍初日を振り返った。この日は打撃練習のほか、体を動かす意味で三塁のノックにも参加したが、登録は外野手。「外野のポジションを取ることを1番に考えてやっていきたい」と早速、川名外野守備コーチともコミュニケーションを取っていた。<道新...    
<記事全文を読む>