日本代表「侍ジャパン」は6日、QVCマリンフィールドで、メキシコ、オランダ両代表との強化試合(10~13日)に備えた合宿をスタートさせた。8日まで同球場で行い、9日からは会場の東京ドームに移って練習する。

 強化試合は来年3月に予定されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の前哨戦。試合には出場しない菅野(巨人)を含む29選手が招集された。これが本戦メンバー(出場登録28人)のたたき台になるのは間違いなく、選手から緊張感が伝わる合宿となった。

 投手登録ながら大谷(日本ハム)は打者として起用される見込み。投手メニューをこなした後、野手練習に合流した。フリー打撃ではバックスクリーン直...    
<記事全文を読む>