旧市民球場跡地(広島市中区)そばの「勝鯉(しょうり)の森」で5日、広島東洋カープのV7の成績を新たに刻んだ記念碑の除幕式があった。「夢のようだ」「来年は日本一を」―。25年ぶりのセ・リーグ優勝を祝うパレード直前に催され、一帯は大勢のファンの歓喜の赤に染まった。

...    
<記事全文を読む>