柔らかな笑顔で、ファンにさよならを告げた。今季限りで引退した広島東洋カープの黒田博樹投手(41)が5日、広島市中心部の平和大通りであった優勝パレードに参加。「みなさんに朝から来ていただき、たくさんの笑顔や涙を見せてもらった。僕自身が感動させてもらった」。最後となる背番号15のユニホーム姿を、沿道のファンに披露した。

...    
<記事全文を読む>