日本ハムの矢野謙次外野手(36)が4日、千葉県鎌ケ谷市の球団事務所で会見し、6月に取得した海外フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留することを明らかにした。

 矢野は今季、右膝の故障で開幕から出遅れたが、5月下旬に1軍に昇格し、代打の切り札としてチームを支えた。

 代打で先制2ランを放つなど1本塁打8打点の数字を残し、「連覇に向けて、もっと力になりたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>