プロ野球ドラフト会議で西武から2位指名を受けた白鴎大の中塚駿太投手(21)=つくば秀英高出身=が4日、栃木県小山市の同大で球団から指名あいさつを受け、「いつかチームの顔になりたい」と意気込みを語った。

 つくば市出身の快速右腕。191センチ、105キロの恵まれた体格と最速157キロの速球が評価を受けた。チームでは今春まで主にリリーフ、今秋は先発投手として活躍。西武の渡辺久信シニアディレクターは「先発でも使えるし、抑えのイメージもできている。相手を寄せ付けない投球をしてほしい」と大きな期待を寄せた。

 初めてプロ野球を観戦したのは西武プリンスドーム。松坂大輔投手(現ソフトバンク)が印象に残っ...    
<記事全文を読む>