日本ハムは4日、ドラフト6位で指名交渉権を得た大阪・履正社高の山口裕次郎投手に指名のあいさつをした。大渕隆スカウトディレクター、木田優夫GM補佐らが同高を訪問。山口はドラフト会議前、各球団に対し、4位以下なら社会人のJR東日本へ進む意向を示しており、「当初と気持ちは変わっていない」と話した。

 同高では、山口や同高の岡田監督らと、大渕スカウトディレクターらが約30分間、話し合った。大渕スカウトディレクターは「指名あいさつと、次回交渉の申し入れをしただけ」と、具体的な話はしていないことを説明した。次回交渉の日程は未定。

 山口が4位以下なら社会人へ進む意向を示していた中で指名した経緯について...    
<記事全文を読む>