倉敷市で秋季キャンプを行っているプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスのオコエ瑠偉外野手(19)と、堀内謙伍捕手(19)が4日、いずれも同市中央の大原美術館と星野仙一記念館を訪問。名画を生んだ芸術家や球団ゆかりの「闘将」の息吹に触れた。

 この日はキャンプ最初の休日で、2人は倉敷市美観地区を散策しながら大原美術館に到着。エル・グレコ「受胎告知」、モネ「睡蓮(すいれん)」などの名画の前で足を止め興味深そうに鑑賞した。

 続いて訪れた星野仙一記念館では、球団の元監督で現副会長の星野氏が現役時代に愛用したスパイク、球団初の日本一(2013年)を成し遂げた監督時代のユニホームなどに見入った。オコエ...    
<記事全文を読む>