東北楽天は3日、倉敷キャンプ第1クールを終えた。

 野手陣は攻守2組に分かれ、作戦打撃練習に初めて取り組んだ。ベンチからのバントやヒットエンドランのサインに沿った打撃と守備走塁を磨いた。投手陣は、森雄大らが同練習に参加したほか、則本昂大は今キャンプで初めてブルペンで投球練習した。

 梨田昌孝監督は「バント成功率が低く、バスターは打球に力がない」と作戦打撃の精度に苦言を呈した。今クールで目に付いた選手に足立を挙げ「送球も打撃も見違えるぐらい成長した」と目を細めた。

 4日は秋季キャンプに入って初の休日となる。

...    
<記事全文を読む>