則本昂大が今キャンプで初めてブルペン入り。捕手を立たせて約30球を投じた。「傾斜を使って(フォームの)バランスを確認した。投げたい気持ちを抑え、ゆっくり下半身からつくりたい」と先を見据える。

 視察した星野球団副会長に、来季は貯金をつくるよう厳命された。「10個近くつくれれば、Aクラス入りする可能性が高くなる」と肝に銘じた様子で語った。

 球団が獲得に名乗りを上げた西武の岸(東北学院大出)とは2年前の開幕戦で投げ合って以来、親交があるという。「一緒に野球ができることになれば、すごくうれしい」と期待した。

...    
<記事全文を読む>