銀次内野手が巻き返しに燃えている。今季は持ち前の巧打が影を潜め、4季ぶりに打率3割に届かなかった。「3割打ってのプロ野球選手だと思う。3割は本当に最低限の目標」と強い決意を示す。

 2日は全体練習後にみっちり1時間、フリー打撃とティー打撃を行い「2日目で(疲労が)ピーク」と苦笑いを浮かべた。8月末に右太ももを痛め、一時戦線を離脱したこともあり「しっかり振り込んで、けがをしない強い体にする。一から鍛え直す」とハードな練習を課している。

 今季は開幕直後から波に乗れなかった。打率2割台前半にとどまり、6月中旬に2軍降格を経験した。厳しい内角攻めを受けた影響などで、打撃フォームが崩れたのが要因。...    
<記事全文を読む>