西武のエース、岸孝之投手(31)が2日、海外フリーエージェント(FA)権を行使すると表明した。申請書類を提出し、西武プリンスドームで「この世界で10年やってきて一人の野球人として他の球団がどういう評価をしてくれるのかを聞いてみたい」と行使の理由を述べた。

 国内球団を軸に交渉したい考えを示したが「移籍を前提とした形ではない」と西武残留も視野に入れている。球団も宣言残留を歓迎し、複数年契約などを提示している。鈴木葉留彦球団本部長は「戻って来ることを願って待ちたい」と話す。

 仙台市出身の岸は宮城・名取北高から東北学院大を経て2007年に西武に入団。1年目から4年連続で2桁勝利を挙げ、08年に...    
<記事全文を読む>