プロ野球ドラフト会議で作新高の今井達也(いまいたつや)投手(18)を1位指名した西武ライオンズの渡辺久信(わたなべひさのぶ)球団本部シニアディレクター(51)=SD=らが1日、指名あいさつのため同校を訪れた。現役時代は同球団の黄金期をマウンドで支え、現在は戦力補強の提言を行っている渡辺SDに聞いた。

 -今井投手に会った印象は。

 「好青年。純粋に野球が好きだと感じた」 -評価した点は。

 「肘の柔らかさと使い方が素晴らしい。将来性もあるが、好投手がそろう今年の社会人と大学生を含めて1番だった」 -期待する点は。

 「球団の若手投手が育っており、一緒に投手王国をつくってくれるのではないか。将来...    
<記事全文を読む>