10月29日に高知県の安芸球場で秋季キャンプをスタートした阪神タイガースに続き、オリックス・バファローズのキャンプも11月1日、東部球場で始動した。初日から投手、野手とも夕方までスケジュールはみっちり。今季4年ぶりの最下位に終わったチームが、秋の土佐路で鍛え直す。

 キャンプには23選手が参加。この日は歓迎セレモニーの後、まず投手陣と野手陣が走塁や連係プレーの確認を行い、その後フリー打撃やバント練習、ノック、ブルペンでの投球など個々の練習を行った。

 平日の昼間だが、スタンドやブルペン周辺には約100人の熱心なファンが陣取った。打撃練習では今季20本塁打のT―岡田がライナーで右翼フェンスを...    
<記事全文を読む>