プロ野球ドラフト会議で巨人から育成2位指名された磐田東高の加藤脩平外野手が1日、磐田市見付の同校で球団スカウトの指名あいさつを受けた。加藤は「一日も早く支配下選手になり、1軍に上がって、いつか東京ドームでホームランを打ちたい」と目標を掲げた。

 藤本茂喜スカウト部課長と木佐貫洋スカウトが訪れ、今後の日程や寮生活などについて説明。同校の山内克之監督らが同席した。加藤は「上半身に筋力を付けて力負けしないようにする。厳しい練習に耐え、周囲の期待に応えたい」と意気込み、理想の打者像に高橋由伸監督を挙げた。

 藤本スカウトは「打って走って守れる三拍子そろった亀井(義行)のようなタイプ」と評した。まず...    
<記事全文を読む>