地元倉敷出身の星野仙一副会長が練習前の球場を訪れ、コーチミーティングの席上と、グラウンドの選手の円陣でそれぞれ熱弁を振るった。この後、取材陣に「勝つという執念をもっと養え。技術じゃないとハッパを掛けたよ」と明かし、「3年連続Bクラスは本当に恥ずかしい。倉敷で3年間を検証し、来年は優勝争いをしてほしい」と期待した。

 闘将の熱意に、選手も緊張した様子。梨田昌孝監督は「倉敷の空気がピーンとなった。優しい口調だが、この辺に穴があいたよ」と左胸を押さえながら「情熱や愛情を感じるし、ありがたい」と感謝していた。

...    
<記事全文を読む>