【栗山】空知管内栗山町の小林酒造は1日、プロ野球北海道日本ハムの10年ぶりの日本一を記念し、栗山英樹監督の直筆による座右の銘「夢は正夢」と、落款を印刷した日本酒(720ミリリットル入り)を発売した。町内で同社が運営する北の錦記念館で、12月30日まで限定販売する。

 町内には栗山監督の自宅があり、町民から親しまれている監督の初の日本一を祝おうと企画した。新商品は最高級の3千円相当の純米大吟醸酒で、特別価格2180円(税込み)で販売。価格は日本一にかけた「21」と、監督の背番号「80」にちなんだ。ラベルには「祝日本シリーズ優勝!」の文字も印刷されている。

 同社の小林精志(せいじ)専務は「待...    
<記事全文を読む>