プロ野球ドラフト会議でDeNAに4位指名された近江高校の京山将弥投手(18)と、楽天から10位指名を受けた甲賀健康医療専門学校の西口直人投手(19)への指名あいさつが1日、2人の所属校であった。球団関係者を前に、2人はプロへの期待を膨らませながらも気を引き締めていた。

 京山投手が通う近江高校(彦根市)には、DeNAの吉田孝司スカウト部長と八馬幹典スカウトが訪問した。緊張しながら対面した京山投手は「プロになるという実感が湧いてきた。一年目から一軍のマウンドに立つという思いでガツガツとやりたい」と意気込んだ。

 京山投手は大津市出身。小学一年から野球を始め、当時から投手だった。身長は一メート...    
<記事全文を読む>