プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスは1日、倉敷市のマスカットスタジアムで6年連続となる秋季キャンプをスタートさせた。今季は梨田昌孝監督を迎え、2年連続最下位からの巻き返しを図ったが5位。上位浮上を目指す来季に向け、選手は初日から精力的に汗を流した。

 午前8時半ごろから、エース則本昂大投手ら選手34人やスタッフが次々と球場入り。歓迎式典では伊原木隆太岡山県知事と伊東香織倉敷市長が「晴れの国で存分に練習して飛躍を」などとあいさつした。スタンドにはファンも集まり、梨田監督は「来季は皆さんの期待に沿えるよう鍛え上げる。ぜひ球場に来て背中を押して」と呼び掛けた。

 爽やかな秋晴れの下、選手はラ...    
<記事全文を読む>