プロ野球東北楽天の秋季キャンプが1日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで始まった。17日まで。

 天気は晴れで午前9時の気温が16度。来季の飛躍を目指し、若手中心の34選手が本格的に始動した。同9時半すぎから、ランニングやストレッチをした後、投手陣と野手陣に分かれてトレーニングに励んだ。

 練習前に歓迎式があり、伊原木(いばらぎ)隆太岡山県知事が「暖かい気候の中で、目いっぱい練習してほしい」と激励した。梨田昌孝監督は「今季はふがいない戦いが多かった。来季、期待に沿えるよう、精神と肉体を鍛え上げたい」と応えた。

 倉敷は元監督で星野仙一球団副会長の出身地。2011年より毎年秋にキャンプを実施...    
<記事全文を読む>